MJF-267 パワー計付ダミーロードの校正
パワー計にLOWとHIGHがあり、LOWが合っていることは確認していましたが、どうもHIGH側がずれているようで、これの調整を行いました。MFJのHPに調整方法がありました。中を開けて、調整用のボリュームを確認します。
c0166683_21541618.jpg

この基板のボリュームの番号と説明書の番号がすでに違います。MFJではよくあることなので驚きません。左上から時計回りに R-HIGH R103, R-LOW R119, F-LOW R120, F-HIGH R110でした。
c0166683_21541758.jpg
ボリュームにアクセスの穴が開いていたので、カバーは外さなくとも結局はOKです。場所がわかっていればなので、最初は外しました。なお、ケースを止めているネジは、1本だけ短いのが使われていますので、注意が必要です。
c0166683_21541702.jpg

校正用のパワー計とダミーロードが必要です。fwdの校正はmfj-267本体のダミーロードで行えますが、refの校正には200wまで耐えられる別のダミーロードが必要です。校正用のパワー計は、NIST基準で校正済みのLP-100Aを使いました。
多分出荷時には、100WでHIGHとLOWの校正をしていたのだと思われます。LOWはほぼ合っていて、HIGHも100Wであればあってました。そっから先が20%以上のずれでしたから、500Wでの校正は必要だと思います。


[PR]
by amd_factory | 2018-10-12 22:09 | アマチュア無線 | Comments(0)
<< LP-100Aの電源電圧が低い... 今日のQSO E6Y ZD9CW >>



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory