フォネティックコード
無線以外でフォネティックコードが活躍するのは極めてまれとは思いますが、飛行機のチケットの確認などで、数字と英字の混じった番号を伝えるときなどには、オペレーターの方が、ハワイのH とか言われています。
さて、先日、電話でメールアドレスを伝えることがあったのですが、
「復唱します。」
「アメリカのA、ジャパンのJ」 この位はまぁ普通でしょうか。次のMはメキシコで来るのかと思いきや、
「マイクロソフトのM」 (電話かけた先ばれますか)と来た時には、ちょっと吹き出してしまいました。
EとかWが混じっていたら、エクセルのE、とか ワードのWって言ってくれたかな?


[PR]
by amd_factory | 2018-05-04 07:43 | アマチュア無線 | Comments(0)
<< 今日のQSO FT8にぎやか SDRトランシーバーの受信遅れ >>



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory
メモ帳
検索
最新のコメント
> kuroさん なる..
by amd_factory at 21:41
現WINDOWS標準はW..
by kuro at 17:22
> kuroさん コメ..
by amd_factory at 07:33
HF-1500のことは全..
by kuro at 19:37
こんにちは。メールにて連..
by amd_factory at 16:35
記事ランキング
カテゴリ
全体
アマチュア無線
スキー
1/12
マイコン
パソコン
ラジコン
その他
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
画像一覧