IC-7300 AGC OFFは大丈夫か
先日 Hamsradio で FT8の特集があり、AGC OFFにするとより信号がきれいに見えますよ。という話があり、Netで調べたら A31MMのブログにも IC-7300はAGC OFFで微弱信号が聞こえやすいというエントリーがありました。
ちなみにAGC OFFというメニューはないので、FASTかMIDかSLOWの時定数をOFFに設定しなければなりません。
さて、試してみると、DXの弱い信号も確かに聞こえやすくなるようです。
続いて、FT8をAGC OFFで受信してみると、ラジオでいうように、ウォーターフォールが濃くなるような気はしません、とその時、ヘッドフォンが壊れるかと思うぐらいの大音量が鳴り響き、FT8のソフト上では入力レベルが真っ赤で過大入力が発生。何が起きたのか訳が分かりませんが、どこか壊れたんでしょうか?
とりあえず、AGC OFFはやめて AGC FASTで受信してみると、とりあえずどこも不具合はなさそうです。
SSBでAGC OFFにして聞いていたら、再び、ヘッドフォンが壊れるかと思うぐらいの大音量が鳴り響きました。
さて、これは何だろうと、状況を確認してみると、AGC OFFの時にOVFが点くというか、OVFになった時に大音響が出ることがわかりました。RF GAINを絞っていれば平気のような気はしますが、時折、「ザッ」とかノイズが入ってOVFになると、鼓膜が破れるのではないかと思ってしまいます。
さて、IC-7300でAGC OFFは禁じ手なのでしょうか?とりあえず i-USEにメール出して聞いてます。

[PR]
by amd_factory | 2017-11-21 22:01 | アマチュア無線 | Comments(0)
<< IC-7300 AGC OFF... エレキーの製作 回り込み対策版 >>



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory