カテゴリ:スキー( 184 )
東北マスターズチャレンジロシニョールカップ技術選 in 下倉 '17
前日のデモキャンプから参加。
午前は渡部浩司デモの小回りから。斜面にはコロコロが一杯あって、滑りにくい。
人数が20人くらいいるので、1人ずつ滑って下でコメントしてくれるパターン。
ターン後半で踏み込んで横の走りを出そうとしたら、それはしないほうが良いと言われた。
で、ズルスルと回してみたら、板の動きは良いのだが、リズムが遅くて待ったりしてると言われた。
で、リズム早目にしたら、リズムはOKだけど、もう少し回旋できないかと言われた。
で、腰を回したら、OKだけど、スピードが出すぎて板が叩かれているので、スピードマネージメントを考えてと言われた。
で、前半ゆっくり下りてきて、後半スピードアップしたら、後半振り幅減らしすぎといわれた。
どの引き出しがダメかわかったところで時間終了。

午後は武井緑デモの大回り。
なんか、他の人とコメントが同じらしい。。。
山回りをきっちり仕上げろというのだが、そしたら谷回りが短くなっちゃうジャン?という疑問が。
バーン状況がよければ、板を加速させる動きがあっても良いですね。試してみてください。
と言われたけどそれができなくて、ず~~~と悩んでいるのです。

c0166683_18212852.jpg
ロシのスポンサーが付いていて、試乗板もあり、
c0166683_18355092.jpg
「これ良いよ~~」と言われ、「大会の間借りっぱなしでもいいですか?」「いいよ」ということで
大会で借りることにしました。(ちなみにこの日は履いていない)172cm

大会当日。
履いてすぐに、いつも履いているHEADより高速で安定していることがわかる。
加速のための踏み込み見たいな動きは、昨日の夕方浩司デモにこっそり聞いていたので、試したらなんとできたので、本番はそれを試してみよう。
板には不都合はないので、これで出ることにした。ちなみにどうも板が滑らなかったので、スタートワックス処理は行った。

大回り 258点 クラス1位 男子総合6位
クラスが違う、ツッチーベルガーが259点というんだから悪くはないんだろう。
踏み込めたかな~?谷回りもう少し見せれればと思った。

総合滑走 258点 クラス1位 男子総合13位
前走の浩司デモと自分の予定した演技がかなり違っていて迷う。結局予定通りで演技。
右ターンで左足が浮いてしまった。。。ばれたかな。ばれたでしょう。

小回り 259点 クラス2位 男子総合20位
前日のスピードマネージメントを考えて、前半抑えて行ったのだが、実際のところ、雪が緩んでいてイケイケのバーンになっていたのに、ちんたら下りてしまったのが問題。この種目クラス1位の人に4点返される。

点数の出方からすれば、まぁギリギリ3位に入ったかな~入っていたらいいな~と思っていたら、
1番に名前呼ばれてビックリ。スキーグラフィックに載るというのに、髪の毛ぺったんこのまま撮影されてしまいました。。
c0166683_18213683.jpg
草技選での優勝は初めて。ちなみに男子総合11位
来年出るとしたら50代なのだが、今回の成績で50代に入ったら6位になってしまう。恐るべし50代
いや~こんないい思いさせてもらって、来年はマテリアルチェンジだろうか。

[PR]
by amd_factory | 2017-03-19 18:55 | スキー | Comments(2)
'17 国見平カップ
今年の国見平カップは、昨年よりLAPが18秒も長いという滑り応えのある大会となりました。
c0166683_21455050.jpg
ふり幅、雪の質にもよるとは思いますが、実に難しかった。
LAP賞のスキー板は今年から?なくなったようですが、色々景品をいただけたので満足です。
クラス優勝。2人しか出ておりませんが。。。
c0166683_21474344.jpg


[PR]
by amd_factory | 2017-02-19 21:46 | スキー | Comments(0)
'17 県技術選
先週の県民大会でとどめを刺した感のある腰ですが、やはり前日でも完全には戻らず。どれくらいダメかというと、車でバックするときに後ろを目視で振り返れないくらい。
普段からお世話になっている接骨院に、土曜日の朝5:50に向かい、手厚いテーピングを施していただき、いざ下倉へ。
今年は去年よりさらに少なく男子エントリー32名で、出走30名。全日本の枠は今年は8名というんだから、確率だけは非常に高い。
フリーから競技は開始。大回り系は腰をあまりひねらずにすむので、それなりにこなせたが、小回りは無理。ただでさえ下手なのに、上体ごとローテンションでは点は出ません。
最終種目のコブは、柔らかい雪。早い出走順。
c0166683_08081029.jpg
条件は過去最高なのですが、腰への衝撃が怖くて、とりあえず降りてきたような感じです。
にして、小回りが絶望的なくらい点が出ませんでした。小回り特化のレッスンにでも入らないと、打開策は見えない感じです。しばし休養。

[PR]
by amd_factory | 2017-01-31 22:07 | スキー | Comments(0)
'17 県民大会
1月9日に腰に、釘でも刺されたかのような痛みが走り、どうにか傷はいえたような金曜日。
土曜日の練習で、軽く滑ったつもりが痛みは再発。
腰が痛くて、まともにポールを滑れる状態ではないのはわかっていたけど、病床でスタート台に戻るという夢を叶えたく、強行出場。
TOPとは4秒差という、最近記憶にない遅れっぷりではありましたが、この舞台に戻ってこれたことに乾杯。まぁ結果は惨敗。
そして、次なるスタート台。技術選は来週。不整地は滑れるのか?

[PR]
by amd_factory | 2017-01-22 21:19 | スキー | Comments(0)
さすが夏油
さすが雪だけはあるスキー場。一晩で+110cm とはさすがだ。下界も20cmは積もっているから。
スキー以前に、そこに行き着くための運転技術も必要だな。
c0166683_09485446.jpg


[PR]
by amd_factory | 2017-01-12 07:48 | スキー | Comments(0)
下倉早朝ポールトレーニング
雪不足で安比で練習できないので、こちらのトレーニングに初参加。こっちも雪不足のため、フルコースは滑れませんでしたが、シーズン初練習としては十分。
天候もよく、この日の最低気温は-10℃だったとか。9時ごろには果ててしまい、常設ポールはちょっと入って終わり。
運よく、この日はOGASAKA CAMPでタカオ氏が来ていたので、ストーカーのようにず~とレッスン見てました。
それにしても、なんであんな滑りができるのか理解不能。。。
c0166683_15571433.jpg
無料で写真撮っていただきました!!!感謝!

[PR]
by amd_factory | 2017-01-08 20:55 | スキー | Comments(0)
今日の夏油
夏油2日目。今日も朝一でA3へ。ターンすると止まるので、直滑降で下りてきました。感覚的には腰上ぐらいの新雪。どんだけ降ったんだろ。
シーズン初めの恒例の2ペアリフト待ちの絵。2ペアしか乗れない人は、坂を上れないので列の最後尾には並べません。もう少し考えて欲しい。ゴンドラは10時頃まで5分待ちぐらいでしたが、その後4列まで行き、45分ぐらいで1本くらい。
c0166683_19272451.jpg

昨日8本。今日7本。病気の後遺症はなかったようです。

[PR]
by amd_factory | 2016-12-11 19:27 | スキー | Comments(2)
'16 奥州市カップスキー大会
今期4戦目の草レースにして、多分最終戦。
なぜか、このレース
奥州市カップ  スキー大会 ではなく
奥州市  カップスキー大会 と呼ばれている。(何でだか分からんけど)
c0166683_19295164.jpg

今回が9回目なのだが、これでこのレースは終了となり、来年からは奥州市市民大会に
なるような話をしていました。
LAP賞のカップにつけた短冊2本は私ですが、5本はうちのエースです。
今回もエース出てましたので、クラス2位の全体2位となりました。
いつまで経っても追いつけません。

一緒に参加したうちの子たちは小学校の部3位と中学校の部1位でした。

景品なんかないと思っていたら、それは豪華な賞品でして、
こどもたちの活躍により、泡の出る琥珀の飲みものが12本もやってきました。でかした。
[PR]
by amd_factory | 2016-02-28 20:24 | スキー | Comments(0)
岩手冬季国体
岩手国体
c0166683_06134227.jpg
初めて国体を見た来た感想ですが、
1.観客のことを考えてくれないゴンドラ運行。
 月曜の平日運行日程だからといって、9時スタートのレースを見るのに8時半にならないと、一般の方は乗せませんというのはいかがなもんでしょう。絶対に間に合いません。本物の係員か良くわかりませんが、「リフトに行ったって8時半まで乗せねーぞー」と親切に教えてくれました。実際には乗せてくれたのリフトの係員には感謝です。
2.観客ってこれしかいないの?
 全日本の技術選なみの人がいるのかと思いきや、ゴールエリア付近でも県民大会よりちょっと多いぐらいじゃ?と言った位。よく見える場所とらなきゃと入れた気合は空回り。
3.レース運営としてはどうだったんでしょう?
 これもレースというにはあまりにも悲しすぎる。1人目が吹っ飛んでいったのはミスかもしれない。が、立て続けに同じところで吹っ飛んで行くのはおかしい。しかも第1シード選手が。
そして大歓声の中、岩手の伊東選手が降りてきて、同じところで吹っ飛んで行った。
異常を察知したサポートなのか、係員なのか、「レースをとめろ!」の怒号が飛び交う。無線を持っている人から聞こえてくる情報では、でかい穴が開いたらしい。それから5人滑ってレースがとまった。
これで再レースになるわけはないし、不運としか言えないのではあるが、これに懸けている人達もいるし、運営でどうにかできなかったのだろうかと思うと悲しくなってしまう。
4.そんなにバーンは荒れるものなのか?
 最近の大会ではお目にかからないほどの荒れたバーン。ゼッケン番号がもろに結果に響くレースでしたが、他の国体もそんなものなのだろうか?
5.地元選手の応援はすごい。
 地元選手が滑ってくると、上から声援の波がやってきて、選手と共に下へ行く。こういう中で滑れる選手は幸せだと思う。
6.おもてなし
 観客にも無料で暖かい飲み物や豚汁をサービスしてくださった。寒い中大変ありがたかった。


[PR]
by amd_factory | 2016-02-22 22:12 | スキー | Comments(2)
'16 国見平カップ
雪不足、雨、風とはいえ、悪くない条件でレースが行えたと思います。運営サイドに感謝感謝。
結果はクラス2位で全体3位。うちのエースが出ていたので、クラス2位は順当なところなのですが、全体3位というのがちと残念。うちの子も今度は間違えずにゴールして初レースにして表彰台。
c0166683_06073704.jpg



[PR]
by amd_factory | 2016-02-21 22:05 | スキー | Comments(0)



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory