カテゴリ:1/12( 435 )
水ラジレース
コースレイアウトが変更されて、練習もなしにいきなりレース。レース開始までの時間があるので何とかなるか?
今回はアンプをサンワに変えたことに伴って、受信機をRX482に変更しました。ただ、自宅で試した限りでは、テレメトリーは動作しているものの、リモートでのアンプセットは動いていない感じ。
水ラジで使っている人もいるので、色々聞いて試した結果、いつの間にやらアンプがSSLモード無効となっていたことでした。さらに、前回は13.5Tで使ったのですが、4.5Tではノンブーストでもアンプ温度が上昇してしまい、急遽FANを積みました。

さて予選1回目
圧倒的にツーリングが多い路面なので、FにAHを試してみました。
結果・・曲がらん!高速コーナーは高速では走れません。でも51周で BESTも8秒台
F AH 41.5 R ヨコモMH 40.5mm

予選2回目
Fにこれまで通り、レーシングドーナツソフトを履き、グリップ剤は1/5フラッシュ
タイヤエッジは瞬間処理です。
ロールダンパーを#20000 2本→1本へ変更
結果・・1回目以上に曲がらない・からの~普通に走る・快走・5分過ぎたらフロント勝ち気味に。
最終コーナーは断然楽になりました。ロールダンパーの変更のせいでしょう。前半快走で後半チンタラでしたが、1回目のタイムは上回りました。TQ (3台しかいませんが)

決勝1回目
予選2回めと同じセッティングです。が。。グリッドに着く前の走行で、左ターンで浮く。ひっくり返りはしませんが、リヤグリップが抜けてしまっています。スタートして5分ぐらいまではだましだましトップを走っていましたが、最後は2人に抜かれて3位。 49周

決勝2回目
リヤタイヤがすでに40mmを切ってしまっていたので、後半まで持たないのだろうとと判断。R PMパープル41.8mmに変更。リヤグリップがあがった恩恵か?車の旋回速度が遅く、安定はしているものの決して速くはない。
52周でした。

12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース(決勝2回目)
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R1.0°L1.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.50自由長6.0mm、ナックルシム上から 4-0-0、リバ=0.5、車高 3.6/3.6.0/3.6、F=RDSφ39.1 1/4フラッシュ+瞬間、R=PM1PU φ41.8-15分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:PM、トー=2.0mmOut、ピッチング=HPI#750 アソシグリーン 65.5mm上から3穴、ロングアッパーブレース、チョフバー、ロールCRC#20000x1,SP8HD、VORTEXブーストなし、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=24、SPA=88、指数=35.8、バッテリー後

[PR]
by amd_factory | 2017-07-02 21:47 | 1/12 | Comments(0)
ヨコモカップ in カツマ
宮城のカツマサーキットで行われたヨコモカップに参戦。
準備
1/12はJMRCAストッククラスレギュで行うが、多くのお客さんは13.5Tで普段走っているという案内から、初めて13.5Tでは知らせることとした。モーターは持っていないので S吉さんより D3.5を借りる。さらに、アンプも問題で、1セルでBLINKYになるアンプを持っていないこと思い出した。
ヤフオクで SANWA VORTEX ZEROを落札。が・・大阪から木曜の夜に投函したらしく、土曜日受け取りは無理そう。しかし、土曜の夜に到着して、慌てて積み替える。セッテイングカードがいらないのは素敵だが、ボタン一つでの設定はとにかく手間がかかる。さらにBECブースター内蔵していないということを知り、外付けとなった。
タイヤは、2013の全日本のときの残りのJ-DASH。Bananaでも走っていたので、大丈夫だろう。

当日
小さいコースとはいえ、とにかく慣れなくては始まらない。
このレイアウト。直線と言えるのはおそらく5mくらいしかない。ゆるいRのバックストレートを頭は直線と考える。車はまっすぐ走っているのだが、脳はまっすぐ走らないと考えているような奇妙な感覚。さらに、朝一でありながら、ザクる。タイヤ径は42mmなのにこれはなぜだろう?フロントタイヤをJ35から LMに交換したら、何とか走れるようにはなった。
モーターはさらに借り物の24Kになったので、それなりに走れるだろう。指数は86
程なく、フロントのバルクヘッドのねじが緩んでいることに気づく。ザクりの原因はこれだったのだろうか?

予選1回目
5分レースで28周5分8秒 Best 10.1秒
遅い。特に1分過ぎたら、曲がらなくなってくる。LMは最初は抜群なのだが持たない。

予選2回目
フロントをJ35に戻して、グリップ剤は半分塗り。
29周5分11秒 Best 10.1秒

決勝
最下位脱出のため、21.5T2セルに変える事にした。バッテリーもモーターも借り物。
他の車は13.5Tなので、これでバビューンと行くと思ってましたよ。
ところが、そうはいかない。むしろ遅い。どこが遅いってずっと。
BESTも10.2と落ちていた。

抽選会で、ピットマットとカップラーメン1箱頂いた。念願だった広坂選手のサインを頂いたので、目的は達成。
レース後、17.5Tに換装して練習。夜の8時過ぎにようやくコースに慣れてきた。
タイムもなぜか13.5Tより速かった。。。あるある。

c0166683_18364334.jpg

12R5 スリムシャーシ&AMDロア.ブレース(決勝後のBESTタイムセット)
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R1.0°L1.0°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー片側1mmワイド、SP=0.50自由長6.0mm、ナックルシム上から 4-0-0、リバ=0.5、車高 3.6/3.6.0/3.6、F=PM2LYφ40.5 2/3、R=PM2MZ φ40.5-5分スティッキー、ホイル=F:花ヨコモ、R:花ヨコモ、トー=2.0mmOut、ピッチング=HPI#500 アソシグリーン 65.0mm上から3穴、ロングアッパーブレース、チョフバー1.2mm、ロールCRC#20000x2,SP8HD、VORTEX,24K 17.5T-12.5mm進角45、PIN=51、SPA=72、指数=90、バッテリー後

[PR]
by amd_factory | 2017-05-01 18:37 | 1/12 | Comments(2)
12R5 & L4 セット
今年最後の水ラジ 1/12レース。かろうじて参加者集まりレース開催。
レース前の練習で、確認した内容は、
  • 5.5Tのローターはボンデッドよりシンテードのほうが運転しやすい。
  • 路面のピークはお昼ぐらいで気温とともに下がる。
  • Fタイヤエッジの瞬間処理は、フロントが引っかかってめくれるようなときに有効。
  • Fカーペットタイヤは、ライン上では良く曲がるが、ラインを外れると極端に曲がらなくなる。
  • L4に比べ、R5は初期が鈍い感じがする。スプリングを0.22"にすれば初期はL4と同等になるが、曲がりは悪い。
  • フロントの車高は3.5mmは必要。3mmぐらいだと、ギャップでシャーシが当たって乱れること多い。

予選1ラウンド目
L4で出走。ストレート遅い。バッテリー古いから仕方ない?
タイヤはF PMマゼンタφ40.3 (なし+瞬間処理) R PMマゼンタ φ41.0(白+黒5分)
車高はF3.8-3.2-3.2 ライドハイト F0.5-R3.5
55周 8分3秒 BEST8.35秒

予選2ラウンド目
ヒート間が暇で、使う予定がなかった R5を試しに走らせたら簡単に8.3秒が出たのでこっちでレース。
L4に比べ初期反応が悪かったのでフロントスプリングを普段の0.50mmから0.55mmに変更。
路面が徐々にあがってきたのか、G40タイヤではラインの上と外では極端な差が出てしまい、まとめるのが大変ろなり、LAPは上がったものの、1ラウンド目からは3秒の更新にとどまる。
タイヤはF G40φ40.3 (なし+瞬間処理) R PMマゼンタ φ41.5(白+黒5分)
車高はF3.6-3.6-3.6 ライドハイト F0.5-R下から2
55周 8分0秒 BEST8.20秒

予選3ラウンド目
再びL4に戻すこととする。リアのグリップ剤の拭きが甘かったのか、前半どうも挙動がおかしいというか、ステアリングが残る感じがある。さらにリアのグリップが足らないような。2個取りしたタイヤの内側なので、はずれということはないとは思うので、路面が落ちてきたと考える。
タイヤはF RDMφ40.0 (なし+瞬間処理) R PMマゼンタ φ41.0(白+黒15分)
車高はF3.8-3.4-3.4 ライドハイト F0.5-R3.5
54周 8分4秒 BEST8.31秒

決勝
路面が落ちてきてしまっているので、L4を選択し、リアのグリップ剤を黒缶に変更。時間も延ばす。
スタート直前に予選3ラウンド目で感じたステアリングの残り感は、キャンバー足したことだと思い出し、1→0.5°に戻した。ステア、リアグリップは問題なく、順調に周回重ねてゴール。
55周 8分5秒 BEST8.32秒

レース後。
タイヤを
F G40 φ40.0に変更。フロントスプリングも0.5mmに戻す。ライン上であれば、恐ろしく良く曲がるし転がる。この日のBEST 8.1xxを2度記録するが、ステアリングを切りすぎると、リアが付いてこないのでスピンしてしまうし、ラインの外は死ぬほど曲がらない。自分には8分も運転できない。

12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース(決勝後のBESTタイムセット、レース時はフロントスプリング0.55mm)
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R1.5°L1.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.50自由長6.0mm、ナックルシム上から 4-0-0、リバ=0.5、車高 3.6/3.6.0/3.6、F=G40φ40.0 なし+瞬間、R=PM1MZ φ40.5-5分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:PM、トー=2.0mmOut、ピッチング=HPI#500 アソシグリーン 65.5mm上から3穴、ロングアッパーブレース、チョフバー、ロールCRC#20000x2,SP8HD、PEARL、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=23、SPA=88、指数=33.2、バッテリー後

12L4 YLMP2.5mmシャーシ
キャスブロ=樹脂10°、キャスターシム後ろ寄せ、フロントブレースなし,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボスラント,L4ナックルにCRCアクスル、SP=0.5自由長6.5mm、ナックルシム上から 3-1-1、リバ=0.0、車高 3.8/3.2/3.2、F=RDMφ40.0 なし+瞬間、R=PM1MZ φ41.0-15分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:PM、トー=-2.0mmOut、ピッチング=Dura#750 アソシグリーン65.0mm、Tバー1.6mm,フリクションオイルグリーンスライム上下,SP8HD、HW-1S、ESC側ウェイト15g、X11-5.5T-14.0mm進角2、PIN=29、SPA=88、指数=42.4

[PR]
by amd_factory | 2016-11-06 21:12 | 1/12 | Comments(0)
久々にタイヤカット
フロントタイヤ3個取りに挑戦。
タイヤはレーシングドーナツミディアム。
36mmホイルに貼った状態でのタイヤ径47mm
1回目のカットで44mm。切り出した厚さ1.5mm
2回目のカットで40mm。切り出した厚さ2.0mm
それぞれに誤差はあるものの、1.5~2.0mm程度の輪っかが取れた。
いつも通り113mmカット。
今回はビール缶で巻かずに、マスキングテープで貼って固定。マスキングテープは
タイヤをぐるりと回る長さのほうが、仕上がりで接着剤が平らになるので、
あまりケチらないほうがよさそう。
半日ぐらい経ったら慎重にテープをはがして完成。

輪っかの厚さが薄いため、出来上がりが目標の33mmよりは幾分大きく
35~36mm。両面テープで固定するから、ガバガバということはないだろう。

ついでにPMパープルをカットしたのだが、厚さ2.0mmカットは失敗。
薄すぎて張りの強さに負けてしまい、千切れてしまった。

2個取りや、シートタイヤから輪っかを作るという作業は、
スポンジタイヤも貼り完を使うアメリカンからは「Why Japanese people!?」なんだろね。
[PR]
by amd_factory | 2016-10-12 07:40 | 1/12 | Comments(0)
水ラジ月例レース
もうラジ納めしたはずだったのに、予定が空いたのでレースへ。
寒さもあり、朝はF 41.8RDS R 42.7LHで普通に走れていました。
しかし、走行台数が増え、雨が降りとなると様相は一変。
非常に手ごわい路面へと変化していきました。

レイアウトが変更された後の初戦となります。
マシンは12R5のみで、L4が良く走るのはモーターのせいなのだろうか?
の確認レースです。

予選1ラウンド目
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ41.3 (なし) R ヨコモMH φ41.7(黒5分)
モーターは5.5T 14mmローター(L4で調子良かったやつ)にしています。
練習走行よりFのタイヤ径をちょっとだけ落としましたが
厳しい~。浮く。ストレートの立ち上がりでアクセルONでメンコ返りです。
50周 8分7秒 BEST8.8秒

お昼休み。
さらに路面が上がってきてます。F径を一気に落とします。

2ラウンド目
タイヤはF RDS φ40.0(なし) R YMH φ41.5(黒5分)
曲がらない、まぁ当然。ちょっと厳しいところはあるものの、浮く気配はなく無難に周回。
53周8分3秒 BEST8.8秒。

3ラウンド目
フロントにパープルを入れることに。
14mmローターはやはりパワーオフの挙動変化が大きく、5.5Tはパワーが足りない。
12.5mmローターの4.5Tに変更。やっぱりこっちがいいかも。
F パープル(なし) φ40.0 R YMH φ41.5(黒5分)
ものすごい勢いで曲がっていきますが、硬いタイヤはやはり運転がシビア。
BESTは更新しても周回がまとまらない。
49周8分4秒 BEST8.7秒

決勝
タイヤを2ラウンド目と同じのに戻します。今月の1/12の影武者はAOさん。
「うわー、まっすぐ走れないよ。この車」という叫びは聞こえていましたが
レース開始。
ほぼ一人旅の様相。でも微妙に車が浮くため、ちょっとペースを落としつつ
9秒フラット辺りで巡航。
やれやれ、この分であれば、久しぶりに勝てるな、ふふふ。と思ったところが、まずい。
車から、ギャーと音がする。
これって、左ハブ緩んで、スパーがかみ合わなくなったな。
やむおえずピットイン。直して出ても追いつくわけもなく。
AOさんは車が落ち着いた後は8.5秒とかで走っていたので、
もしかしたら、ノントラブルで走っていても、最後には追いつかれてたかもしれない。

レース後。
タイヤを
F RDS φ39.0(なし) R YMH φ41.0(黒5分)に変更
あ~8.5秒とか連発するし。やはりレース後は良く走る。
最後に、久しぶりにチョフバーを試す。
1.5mmのチョフバーにセンタースプリングをシルバーをあわせる。
これでも8.5秒が出る。でも左ハブ緩む。。。

c0166683_222223.jpg

いまだにCRC純正のハブを使ってたりしますが、ここの隙間が使っているとなくなります。
ネジで押されて曲がってきてしまうのです。
ハブがゆがんでいるわけではないので、100均のダイヤモンドディスクをルーターで回し
隙間を作ってやりました。(まだ使うのかい?)

12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース (レース後のセット)
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.5自由長6.0mm、ナックルシム上から 5-1-0、リバ=0、車高 3.6/3.6/3.4、F=RDSφ39.0 なし、R=YMH φ41.0-5分黒缶TQ、ホイル=F:ヨコモ、R:ヨコモ、トー=2.0mmOut、ピッチング=#700 アソシゴールド71.5mm上から3穴、サイドアソシシルバー1締,ロールCRC#20000x2,AMR、PEARL、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=23、SPA=88、指数=34.1、バッテリー後
[PR]
by amd_factory | 2014-11-02 22:07 | 1/12 | Comments(0)
水ラジ 月例レース
前回ラジコンしたのが2ケ月前のレース。季節は変わり涼しいというより
ちょっとは肌寒い。さすが岩手か。

1/12はエントリー3人。
路面は稲刈りによる影響もさほど内容で、それなりによい。

予選1ラウンド目
12L4で出走。
タイヤはF G38 φ41.5 (1/4白3分) R PM1ピンク φ42.5(黒15分)
フロントはGコンパウンドがいいよ。というS吉さんの話で試してみた。
自分の印象だとライン外したらサヨウナラしてしまうタイヤなのだが。
50周 8分7秒 BEST9.2秒 最初にしてはまぁまぁか。

お昼休み。
R5をちょいと試す。久しぶりのラジコンゆえ、R5を壊したくないのでL4で出たのが
1ラウンド目。走れそうなのでR5を準備しはじめた次第。

2ラウンド目
タイヤはF レーシングドーナツハード φ41.5(1/4白3分) R LラバーMH φ41.8(黒15分)
決して悪くはなかったのだが、マーシャルから遠いところで2回失敗。
50周8分8秒 BEST9.0秒。

3ラウンド目
フロントに再びGコンパウンドを入れることに。
レース開始前にすでに8秒台突入。なんというか、曲がらない感じはするもののタイムが速いという
これまでにない感覚。
タイヤはF G38(1/4白20秒) φ41.0 R Lラバーミディアムハード φ41.5(黒15分)
爆走すろGTOさんは、8.3とか訳のわからないタイムで走っているが、
こちらも引っ張られるように頑張った。
52周8分4秒 BEST8.8秒。ついに52周到達
2回ちょっとしたミスがあったのでう、そこをまとめれば53も夢ではない。

決勝
セットは3ラウンド目と同じ。
予選でトラブルに見舞われたGTOを差し置いて、ポールスタート。
最初の1,2分まで頑張ったのだが、右コーナーでいきなり浮き出し、ペースを上げられず。
前半は良かったのに残念。トーアウトをいじったせいなのか?

レース後。
レイアウト変更しました。でも走るのは来月でしょう・・・あ、来月のレースの日って
こどもの部活の試合の日ではないか。まいったなこりゃ。。 by 父母会会長


12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R1.5°L1.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.5自由長6.0mm、ナックルシム上から 5-1-0、リバ=0、車高 3.4/3.8.0/3.4、F=G38φ41.0 1/4-20秒白缶、R=YMH φ41.8-15分黒缶TQ、ホイル=F:SQ、R:ヨコモ、トー=1.0mmOut、ピッチング=HPI#750 アソシゴールド71.5mm上から1穴、サイドアソシシルバー1締,ロールCRC#20000x2,AMR、PEARL、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=23、SPA=88、指数=34.1、バッテリー後

12L4 YLMP2.5mmシャーシ
キャスブロ=樹脂10°、キャスターシム前1後1、フロントブレースなし,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボスラント,L4ナックルにCRCアクスル、SP=0.5自由長6.5mm、ナックルシム上から 4-1-1、リバ=0.0、車高 3.2/3.2/3.2、F=G38φ41.5 1/4-3分白缶、R=PM1PK φ42.5-15分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:ヨコモ、トー=-1.5mmOut、ピッチング=Dura#750 アソシグリーン64.5mm、Tバー1.6mm,フリクションオイルナシ,AMR、RevetonR-MOD1-DRR1、X11-5.5T-14.0mm進角2、PIN=28、SPA=88、指数=41.0
[PR]
by amd_factory | 2014-10-05 21:27 | 1/12 | Comments(0)
水ラジ 月例レース
いや~暑かった。昼過ぎには外のほうがコースより涼しいという状況になってました。
操縦台には大型扇風機があり思ったより快適にレースは行えました。

1/12にエントリーしました。
路面は思ったほど悪くはなさそうだが、かといってそんなに良くもない。
まぁ最近の定番か。

予選1ラウンド目
12L4で出走。
タイヤはF レーシ1ングドーナツソフト φ42.0 (1/4白) R PM1パープル φ42.0
どうもラインに車を乗せるのに苦労する。
49周 BEST9.6秒

お昼休み。
どうもL4のツィークが狂っている感じ。そもそもLipoを片側に縦置きにしている時点で
バランスがあわないのだから、ツィークで調整することになる。
なんとか妥協点で2ラウンド目へ挑むことに。

2ラウンド目
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ41.2(グリップ剤なし) R PM1パープル φ42.0
φ41.5(1/4白)の予定だったが、スタート前のコースインでいきなりめくれたので
慌てて交換。前半はやはり曲がり不足だったもののめくれることもなくなった。
ストレートの立ち上がりの高速コーナーに難ありだったが記録更新。
50周8分8秒 BEST9.2秒。

3ラウンド目
2ラウンド目でS吉さんがモーターブローしてしていまい、独走になるためタイヤを替えてみた。
タイヤはF CRC ブラック(1/4) φ41.0 R Lラバーミディアムハード φ41.0
ステアリングを切った時の失速感が少なく想像以上に快走。51周8分8秒 BEST9.2秒。ついに51周到達

決勝
タイヤはF CRC ブラック(1/4) φ40.8 R Lラバーミディアムハード φ41.0
決勝はS吉さん号を操るGTOさんが出走。いきなりの出走なので慣れていないはず。
しかし、序盤に2周は離さないと勝てないであろう。。。
序盤、予想通り離れるが半周程度。1分ほどで追いつかれ始め、抜かれる。
その後、驚異的なペースで周回しているらしく、BESTも8.6秒!とかコールが入る。
これは無理。でも、こちらも釣られて8.9秒までは到達。
まず完敗でした。
しかし、決勝ながら51周8分5秒 BEST8.9秒。とまたまた自己BEST更新。
一緒に走っていただいたGTOさんに感謝です。

レース後。
R5で走る。表彰式とか色々あった後なので路面は落ちていましたが、最後は9.2秒まで行きました。
ロールダンパー2本がうまく動いてくれているようです。方向が反対との指摘は入ってますけど。

12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.5自由長6.0mm、ナックルシム上から 5-1-0、リバ=0、車高 3.2/3.2.0/3.2、F=CRCブラックφ40.0 1/4-30秒白缶、R=LH φ41.0-5分黒缶TQ、ホイル=F:JACO、R:PM3mm、トー=1.5mmOut、ピッチング=HPI#750 アソシゴールド71.5mm上から1穴、サイドアソシシルバー1締,ロールCRC#20000,AMR、120A1Sパンチ5、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=23、SPA=88、指数=34.1、バッテリー後

12L4 YLMP2.5mmシャーシ
キャスブロ=樹脂10°、キャスターシム後よせ、フロントブレースなし,キャンバー=R0.5°L1.0°、サーボスラント,L4ナックルにCRCアクスル、SP=0.5自由長6.5mm、ナックルシム上から 4-1-1、リバ=0.0、車高 3.2/3.2/3.2、F=CRCブラックφ40.8 1/4-30秒白缶、R=YMH φ41.0-5分黒缶、ホイル=F:JACO、R:JACO、トー=-1.5mmOut、ピッチング=Dura#500 アソシグリーン64.5mm、Tバー1.6mm,フリクションオイルナシ,AMR、RevetonR-MOD1-DRR1、X11-5.5T-14.0mm進角2、PIN=28、SPA=88、指数=41.0
YMH41mmのはがれかけで、前に出るのがいまいちだった。
[PR]
by amd_factory | 2014-08-03 21:23 | 1/12 | Comments(0)
水ラジ 月例レース
昨日はどうやらお店は開いていたらしい。今日の店員さんは日本語を話しているようだった。

さて、朝の時点では1/12エントリーはただ一人。でも午後から山本山君が来るというから
1/12にエントリーしました。
路面は思ったほど悪くはなさそうだが、かといってそんなに良くもない。
山本山君は新車を買ったものの、諸般の事情で手付かずのため、自分の12L4をレンタルすることにした。
レンタルするんだから、まともに走ることを確認して尾かなけれならず、練習走行はL4のみで
行いタイヤなどを決めていくことにした。

予選1ラウンド目
12R5で出走。ダンパー位置を5mm前に出した仕様でトライ。本日初走行。
まぁメンテ後練習走行なしで走ると思えば、そんなに不安なことではない。
ただ、異常にリヤが軽い。当然頭が中に入ってくる非常に危険な状態。
47周 BEST9.6秒
タイヤはF レーシ1ングドーナツソフト φ42.0 (1/4白) R Lラバーハード φ42.5

お昼休み。ダンパー位置が駄目なのかなと、元に戻す。
そして、アッパーブレースのダンパーを止めているスタッドのねじが緩んでいることに気付く。
外の天気は今にも雨が降り出しそう。路面も上がってきているようだ。
昼には来ると思っていた山本山君がまだ登場せず。決勝はツーリングに混ぜてもらうにしても
ペースが違いすぎる(こっちが遅い)ので練習で快調に走っていたL4を予選2回目で
使うことにした。

2ラウンド目
マシンは12L4。路面が上がってきているので、フロントの径を少し落とし、リヤも
硬めのタイヤに変更。これでハイサイドはないはず。
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ41.5 R Lラバーミディアムハード φ42.5
想像以上に快走。50周8分0秒 BEST9.1秒。
周回では2次予選に出したS吉さんの記録51周までには届かないが自己BEST。
これでなんとかツーリングとの混走も何とかなりそうな感じにはなった。

3ラウンド目
山本山君が登場したので、L4を渡し、自分はR5で出走。
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ40.5 R Lラバーミディアムハード φ42.0
1時間ほど前から本格的な雨が降り湿度が上がったせいか、路面がかなり来ていた。
想定を上回り、何度もスタックしてしまい終了。
山本山君のL4も同じところでスタック。組んだ人が同じなんだから、そうなるか。

決勝
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ39.5 R Lラバーミディアムハード φ42.0
山本山君とのガチンコレース。スタートして1,2分ぐらいでほぼ周回遅れにする。
という感じだったもののそっから抜けない。
その後こちらのペースも上がらず、そのままゴール 48周。

レース後。
R5はロールダンパーのねじが緩んでいて、ほとんどロールダンパーが効いていない
状態でした。。いかんな。

12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.5自由長6.0mm、ナックルシム上から 5-1-0、リバ=0、車高 3.2/3.2.0/3.2、F=LMφ39.5 1/5-15秒白缶、R=YMH φ41.5-5分黒缶TQ、ホイル=F:ヨコモ、R:JACO、トー=1.5mmOut、ピッチング=HPI#750 アソシゴールド71.5mm上から1穴、サイドアソシシルバー1締,ロールTRG#50000,AMR、120A1Sパンチ5、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=23、SPA=88、指数=34.1、バッテリー後

12L4 YLMP2.5mmシャーシ
キャスブロ=樹脂10°、キャスターシム後よせ、フロントブレースなし,キャンバー=R0.5°L1.0°、サーボスラント,L4ナックルにCRCアクスル、SP=0.5自由長6.5mm、ナックルシム上から 4-1-1、リバ=0.0、車高 3.2/3.2/3.2、F=RDHφ39.5 1/5 白15秒、R=YMH φ41.5-5分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:JACO、トー=-1.5mmOut、ピッチング=Dura#500 アソシグリーン64.5mm、Tバー1.6mm,フリクションオイルナシ,SP8、RevetonR-MOD1-DRR1、X11-5.5T-14.0mm進角2、PIN=28、SPA=88、指数=41.0
[PR]
by amd_factory | 2014-07-13 21:53 | 1/12 | Comments(0)
同じもの
今使っているセッターのハブ(イーグル)のナットが大分緩くなってきた気がしたので、新しいヨコモのを購入。

これイーグル
c0166683_18313218.jpg


これヨコモ
c0166683_18314842.jpg


ヨコモのハブは、ナットの内側にスペーサーが入っていますが、これ、別になくても使えます。でもないとナットがずいぶんぶれるような。。あれ?

2個並べてみたら、どうにもこうにも同寸法。
イーグルのハブにヨコモのスペーサー入れてみたら、ナットの緩い感じが消えました。
スペーサーの入る分、もともとザクってあるんでした。

これならヨコモの方がお買い得ですね。
[PR]
by amd_factory | 2014-06-15 18:35 | 1/12 | Comments(0)
2次予選 兼 水ラジレース
今日は暑かった。10時過ぎにはピットの温度計は30℃。そのまま上がることも下がることもなく夕方まで。
路面が悪いのは昨日の通り。
予選1ラウンド目
12L4で出走。とりあえず無難にまとめる。49周 BEST9.3秒
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ42.0 R Lラバーハード φ42.5

お昼休み。12R5をちょと走らせて見ると、その旋回速度の速さに驚く。
とはいえ、出走まで時間がなかったので、L4ででる。

2ラウンド目
路面が上がっていると見て、Fタイヤ径を落とした。
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ41.5 R Lラバーハード φ42.5
げっ!浮く。予想以上に路面がきていたようで、とどまるので精一杯。

3ラウンド目
12R5が間に合ったので、こっちで出走。
タイヤはF レーシングドーナツソフト φ41.0 R Lラバーハード φ42.5
BEST9.1秒まで上がったものの、数々のミスが響き49周で、1秒のみタイムアップ。
後で見たら、ピッチングダンパーの根元のネジが緩んでいてガタガタでした。
急にリヤが抜けてきたのはそこが原因だったかな。
次のヒートでS吉さんが8.8秒までタイムをのばし、51周で逆転TQを奪われる。

決勝
タイム的には2位狙いかとおもいきや、S吉さん号が思いのほかペースが上がらず。
結局ゴタゴタのまま1秒差で逃げ切り。

レース後。。。
以前のようにスリッパが張り付くほどの路面にはならず、リヤに硬いタイヤは使えるのかとも
思いましたが、結局は硬いほうが前に出るのでLAPはあがる。でも、横に抜けるときがあるので
諸刃の剣。
リンクの方がやっぱり速いと思ったものの、最後にL4でも9.0秒まで行ってたので
セッティングと人間次第なのかも。

12R5 スリムシャーシ&AMDロアブレース
キャスブロ=10°、キャスターシム前薄後厚、フロントブレース無,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボ位置3mm前セーバー後ろ0mm,L4ナックルにCRCアクスル、ロアー2mmワイド、SP=0.5自由長6.0mm、ナックルシム上から 5-1-0、リバ=0、車高 3.2/3.2.0/3.2、F=RDSφ40.0 1/2-15秒白缶、R=YMH φ41.6-10分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:JACO、トー=1.5mmOut、ピッチング=HPI#750 アソシゴールド71.5mm上から1穴、サイドアソシシルバー1締,ロールTRG#20000,AMR、120A1Sパンチ5、X11 4.5T-12.5mm進角2、PIN=23、SPA=88、指数=34.1、バッテリー後

12L4 YLMP2.5mmシャーシ
キャスブロ=樹脂10°、キャスターシム後よせ、フロントブレースなし,キャンバー=R0.5°L0.5°、サーボスラント,L4ナックルにCRCアクスル、SP=0.5自由長6.5mm、ナックルシム上から 4-1-1、リバ=0.0、車高 3.2/3.2/3.2、F=RDHφ40.0 1/3 白15秒、R=LH φ41.0-3分黒缶、ホイル=F:ヨコモ、R:JACO、トー=-1.5mmOut、ピッチング=Dura#500 アソシグリーン64.5mm、Tバー1.6mm,フリクションオイルナシ,AMR、RevetonR-MOD1-DRR1、X11-5.5T-14.0mm進角2、PIN=28、SPA=88、指数=41.0
YMHでも走れるが、LHのほうが運転が楽。
[PR]
by amd_factory | 2014-06-01 23:19 | 1/12 | Comments(0)



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory