IOTA Contest '2017
去年に引き続き参加であるが、記憶によれば昨年は、59 AS007 でよかったはずだが、ルールを見ると シリアル番号を付与することとなっていた。送ってこなかったら0でロギングするようにとある。
さて、コンテストが始まり、CQに応答すると、従来どおりの 599 ASxxx を送ってくる局がある。こっちが 599 001 AS007 を送ると NR?が返って来る。なので、再び599 001 AS007を送ると、しばし沈黙の後、TU。うむ。CWでこれを伝える技量はないので、まずよいか。そして、何時間後ぐらいに同じ局がSSBに出ていたのでコール。相変わらず、59 ASxxxを送ってくるので、ナンバー?を聞いたら 15とか言ってきた。どうみても少なすぎでしょ。ずっとRUNしているんでしょうから。さらに数時間後、別のバンドで発見。 今度は 599 25 ASxxx と送ってきた。うむ。シリアル番号を入れることは分かったようだが、番号が少ない気がする。
シリアル番号が入って、島局からのコンテストナンバーが長いこと。SSBだと余計何度も聞き返すことが多かった気がする。
昔に比べて、BYの局が増えているのだが、聞き取りにくいことがしばしば。まぁこれはお互い様なんで、自分もそう思われないよう精進しないと。
ログを送ったのだが、サーバば受領の返信を出していないようで、かつ受領局リストも見ることができず、さて届いたのかが心配だ。

[PR]
by amd_factory | 2017-08-01 08:58 | アマチュア無線 | Comments(0)
<< フィールドデー コンテスト ヤマトDM便の配達日数 こんな... >>



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory