似て非なるプラスドライバー
日本製のものをメンテする上では大してきにはなりませんが、MFJとかアメリカ製のものをメンテするときに、プラスドライバーだからと言って、同じものとは思ってはいけない。という話。
サイズの話ではありません。日本のプラスドライバーとアメリカのプラスドライバーは形が微妙に違います。
アメリカのエンジニアに、今度アメリカに来るときに、日本のドライバー買ってきてと言われ、なんで?と言ったところ、日本のプラスねじにアメリカのドライバーは合わないの知らないのか?と言われた。
確かに、アメリカ製のプラスねじを日本のドライバーで回すと、微妙にぐらつきがあるのは気づいていたが、調べると、いっぱい出てきた。例えば、ここあたりでも。
c0166683_18022596.jpg
日本規格プラスねじ(JISねじ)の多く(必須ではない)は、十字の脇に点があるのでわかりやすい。これにがたつきなく合うのがJISねじ用のドライバーで、同じドライバーでMFJのカバーを開けると、ねじ山をつぶすことがあるので注意が必要。
そんなわけで、アメリカでドライバーをお土産に買ってくると喜ばれるかもしれません。

自分が実際に使った海外のメーカーでは、PBはJIS用があるかも知れませんが、ドイツで使ったPBはJISには合いませんでした。WERAはJISにぴったり合いました。なので、海外製だからと言って、全部合わないということでもないようです。

ちなみに、ポジドライブというまたややこしい似ているもののありますが、こちらはさらに簡単にねじ山壊します。


[PR]
by amd_factory | 2017-01-26 20:22 | アマチュア無線 | Comments(0)
<< '17 県技術選 '17 県民大会 >>



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory