IC-7300 USB AF in
USB経由で、WAV音声をIC-7300に入れるためには
SET→外部端子→変調入力(DATA OFF)をUSBにすればよい。 PSK31ならばこれで多分良いのであろう。
ただ自分がやりたいのは、N1MM+でCQの音声を発生させてそれをIC-7300に入れたい。
上の設定だと、PCからの音声はOKだが、MICは切り離されてしまうのでMICからもリグの音声メモリからもダメ。
変調入力(DATA OFF)をMIC,ACC(標準)にしておいて、ACCへPCから音声を入れるしかないのかな。


[PR]
by amd_factory | 2016-10-25 22:48 | アマチュア無線 | Comments(2)
Commented by JO1KVS at 2016-10-27 22:05 x
マイクとUSBを混ぜて欲しいところですね。
IC7600でも出来ないです。

パソコンにマイクをつないでパソコンの中で混ぜる。
PTTはリグからフットスイッチにする。

なんてどうでしょう。
パソコンの音声は加工ソフトを通すと面白いかも知れません。遅延の生じない範囲でなら遊べますね。
マルチバンドコンプレッサーと言って高音、中音、低音別々に動作するコンプレッサーを使うと音に厚みとキラキラ感が出たりします。
Commented by amd_factory at 2016-10-27 22:10
IC7600でもできないんですね。パソコンにマイクつなぐのは考えましたが、Heilのダイナミックマイクなので、パソコンにつなぐのもあまり簡単ではなさそうで、おとなしく外部キーパッド使って、内蔵のCQマシーンを使います。
<< CQWW ウィークエンドですが... Logger32のMMTTY設... >>



アマチュア無線とラジコン。冬はスキー
by amd_factory